忍者ブログ
人間になればよかった...
[362] [361] [360] [359] [358] [357] [356] [355] [354] [353] [352]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

家で掃除をしていたら、相棒が後ろから何か言いたそうな顔で見ている。二人でI駅にある映画館へ出かけた。予備知識のないまま『ミスト』フランク・タラボン監督のホラー映画を観た。映画館に無言で座っていると、不気味な効果音が静かに鳴っていて、この劇場が火事になったらどうしようかと不安になってくる。(以下、映画の内容に触れますので、知りたくない方はご覧にならないで下さい)
映画は、田舎町を襲った謎の嵐が皮切り。町の人達が大量発生した霧に閉じこめられて、正体不明の生物に次々と殺されてパニックに陥る話。スティーブン・キングが二十年くらい前に書いた中編小説がベースらしく、外部からもたらされた恐怖より人間心理の方に怪物が潜む、という解釈はキングの発明品だったのではと思う。恐怖の舞台を人間の内奥に移し替えた事で、ホラーは様々な発展を得ることが出来た反面、時を経るにつれて人間不信の物語へと顔を変えてしまい、次第に行き詰まってしまったのではないだろうか。地球温暖化などの問題が迫った二十年後の現在から見ると、異世界の扉が開いたという恐怖はすでにノスタルジックだが、少し前までは、こういう異世界のディテールをいかに巧みに創るかに労力を注いでいた筈の物語が、今では人間がいかにくだらないかということを、人間自身を使って表現する羽目になってしまった気がする。
評判の良い映画のようで、自分には合わなかったが、人によってはスリリングで飽きない2時間を楽しめる作品ではと思う。
PR
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
プロフィール
HN:
北海のあざらし
HP:
性別:
女性
ブログ内検索
カウンター
携帯用
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 三本指日記 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]