忍者ブログ
人間になればよかった...
[524] [523] [522] [521] [520] [519] [518] [517] [516] [515] [514]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仕事に要求されている事が思いつけないので、溜まっていた読書や勉強がどんどん進む。いつもこんな風に差し迫っていれば、倍のスピードで本が読めるらしい、肝心の仕事の方は真っさら、白紙だ。
録画していた映画『戦艦バウンティ』(1962年アメリカ)を観る。子供の頃、作られた国も俳優の名も知らず、ただ悲しさ、残酷さ、謎の符丁だけを受け取った、そういう断片的な映像の記憶が誰にもあるのではと思うけれど、私にはこの映画がそうだった。鞭打ちのシーンがあり、血だらけの人の背中、船の甲板の海臭さが、映りの悪いテレビ画像を通して目の網膜に焼き付いてしまった。よほど怖かったのか、意識の底の底にこびりついてしまい、海を舞台にした映画が始まると、決まって胃痛がするようになってしまった。
その場面が唐突にテレビ画面に映った時の驚きは、たとえようもない。今観ると、当時作品賞を含む7部門でオスカー候補だったらしく、申し分ない素晴らしい娯楽作品である。主演はマーロン・ブランド、名優もいいところで、予算も100億の大作だった。ラストは思わず涙した。実は立派な映画と出会っていたのだ。しかし旧い記憶では、鞭で打たれた男は息絶えて、死体は甲板から海へ無造作に投げ捨てられていた。自分が何度となく反芻してきた「ドボーン!」と飛沫を上げたシーンが、ない。そこだけが判らない。ネット上のあらすじを読んでも、映像を見ても、その男は物語の後半にも登場している。あれっ?
PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
プロフィール
HN:
北海のあざらし
HP:
性別:
女性
ブログ内検索
カウンター
携帯用
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 三本指日記 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]